助産師の求人 助産師の悩みあれこれ

どの仕事でも同じことが言えますが、仕事を始めてすぐの時期というのはいろいろな場面で戸惑うことがあるはずです。助産師の場合は命の出産という非常に大切な場面に立ち会う仕事であることから、その悩みも深いものになりがちです。

助産師といえば、お産に関する仕事だけをしていると思われがちですが実際にはそうではありません。仕事を始める前には自分が担当すると思っていなかったような業務も担当することがあり、戸惑いを感じてしまう人もいるようです。

また、助産師は人間の身体と向き合っていく仕事でもあります。助産師の資格を取得するためにはたくさん勉強をすることになりますが、勉強をして知識を身に付けたつもりでも、実際に妊婦さんを目の当たりにして内診をすると、テキストで覚えたことだけでは対応できないようなことも出てきます。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

もちろん、新人の助産師は先輩からしっかりサポートしてもらえますが、仕事に慣れるまでは資格取得前と同じように学ばなければならないことがたくさんあると理解しておきましょう。

助産師に限った話ではありませんが、医療の現場は日進月歩です。働き始めてから何十年もたつようなベテランでも、日々勉強をしなければならないことがあるので、新人のうちは覚えなければならないことが山積みだと理解しなければなりません。

助産師が抱える悩みの多くは、経験不足からくるものです。妊婦さんによって家庭環境や状況、体質などは全く異なるので、自分が今持っている知識だけでは足りない部分が出てくるは仕方がないことです。

経験不足が原因である悩みに関しては、経験を積むことでしかカバーすることができません。若い助産師は信頼できないという人が多いですが、これは経験不足であることも関係しているので、経験豊富な助産師のほうが患者さんから信頼されるのは当然ですよね。

一人前の助産師になるためには、とにかく経験を積むことが大事です。しばらくは戸惑うこともたくさんありますが、それを乗り越えて多くの妊婦さんを支えられるような助産師を目指しましょう。
富山県看護協会

助産師はやりがいのある仕事

やりがいのある仕事として助産師を目指す人も非常に多くいます。出産という奇跡的な瞬間に立ち会うことができるのは、助産師ならではの特権だと言えるでしょう。

妊娠をするというのは大変喜ばしいことですが、妊婦さんは様々な不安を抱えることになります。特に初めての妊娠ではわからないことが非常に多く、それをサポートする助産師というのはかけがえのない存在にもなるのです。

助産師は、妊娠をした妊婦さんが無事出産を迎えることができるよう、体調管理はもちろん、いろいろな相談なども受け、全面的にサポートをするのが仕事です。

ただ、出産は常に命の危険があるため、必ずしも順調に出産をすることができるというわけではありません。異常分娩が原因で命を落としてしまう妊婦さんもいるわけなので、喜びだけが得られる仕事ではないということを十分に理解しておきましょう。

命の誕生だけでなく、流産や死産といったことにも向き合っていく必要があるため、精神的にも強い人でなければ助産師の仕事は務まりません。実際に、悲しい状況と向き合っていくことができず、助産師を辞めていく人も多いのです。

また、助産師の仕事はやりがいが大きいと言われる理由に、独立開業することが認められているということが挙げられます。もちろん、助産師資格を取得したらすぐに開業というわけにはいきませんが、十分な経験を積んだ助産師ならば独立をすることができるのです。

独立開業をすれば自分の判断でできることもたくさん増えるわけなので、更にやりがいを感じることができるでしょう。産婦人科医が不足している関係から自分が住んでいる地域では出産をすることができず、仕方なく別の地域で出産をしている妊婦さんもいます。

そういった地域で独立開業をすることは、地位に住んでいる妊婦さんにとっても非常にありがたいことですよね。資格取得は難しいですが、やりがいのある仕事であることに間違いはないので、取得を目指してみましょう。

薬剤師求人-ドラッグストアでの薬剤師の仕事

薬局では病院から出された処方箋に基づいて調剤を行うことになりますが、ドラッグストアにおいてはOTC販売業務が主な仕事です。

OTCとは自分で選んで買える一般用医薬品という意味です。 仕事内容はまず、ドラッグストアに来店したお客さんからの「どの薬がいいのか」という相談に乗る仕事が挙げられます。

適切な商品を選んで提案するだけでなく、適正な使用方法も付け加えて説明を行います。 さらに、薬効とお客さんの体質を考えて、希望する商品とは別のものを勧める場合もあります。

こうしたことから薬の種類、値段、効能の深い知識が必要となり、優れた接客能力も問われることになります。 何の病気かわからないけど…と言って体の不調を訴えてくるお客さんもいるので、取り扱っている薬に対する充実した知識が不可欠です。

近年では調剤室を併設したドラッグストアが多く見られるようになりました。 調剤薬局と同じように調剤から投薬までをドラッグストアで行うことができるということで、こういった併設されている店舗が増加傾向にあります。

ドラッグストアの薬剤師はお薬以外にも多くの業務を担うことになります。 ドラッグストアは一般用医薬品だけでなく様々な生活雑貨や食品も販売されており、これらの品出しや販売も仕事のうちの1つです。

薬剤師本来の仕事以外にも雑多な業務を求められることになりますが、2009年以降は状況が大きく変化しました。 登録販売者制度によって第二類・第三類の医薬品については薬剤師がいなくても販売が許可されるようになったので、薬剤師自体の需要が大きく下がったのです。

とはいえ、薬剤師の派遣先としてまだまだドラッグストアが多く見受けられますね。 新薬がどんどん登場しますから、常にアンテナを張って知識を得る他にも研修等によるスキルアップが重要です。 派遣でドラッグストアでの勤務を希望しているなら、その前に研修等で知識の習得を図ったほうがいいでしょう。

治験ボランティアの過ごし方

治験ボランティアとして治験を行う方は、治験センターという所で受ける事になります。受け方には何通りかあり、一度 で終わるケースもありますが、中には一定期間続くものもあります。

行われ方としては大きく二通りあり、治験センター に通いながら受けるケースと、治験センターに入院のような形で宿泊して行われるという場合もあります。行われるのは 医薬品の安全性や有効性の確認のための服用や、健康食品などの試験もあります。

治験では様々な項目がテストとして行われます。血液の検査や血圧、体重など、その医薬品で変化があると思われる項目 について、定期的に医薬品や食品を摂取していき、その経過を観察されます。このデータを提供するのが、治験ボラン ティアの大きな役割です。

こうした事は研究者自身が試せばよいと考える方もいるかもしれませんが、研究者の方も、 医薬品を服用するのに適した身体状態ではない事も多く、治験ボランティアとして募集がされるのです。

治験の期間中に宿泊して過ごす場合は、こうしたデータ提供のための検査と食事の時間は、治験の依頼者側からスケジュ ールと内容を決められます。その他の時間は基本的には自由な時間となります。

治験ボランティアの方は健康な方も多い ため、その時間は読書を行ったり、DVDやゲームをするなど、好きなように過ごして良い事になっています。治験ボラン ティアをすると謝礼が支払われますが、時間が拘束される事以外を考えると、比較的負担の軽い業務と言えます。

ただし、自由とは言ってもやはり検査があるため、禁止事項などはあります。医薬品の効果を見るために必要な身体状態 を保って貰うために、特に生活習慣などには細かな決まりが設けられる事もあります。

こうした時はきちんと従って 治験を受けるようにしましょう。守られないと正確なデータが取れず、場合によっては途中で治験ボランティアとしての 役割が中止される事もあります。正確なデータ提供のために協力するという意識で応募しましょう。

治験ボランティアの謝礼金が高額な理由

医薬品開発のための臨床試験を受けるボランティアである治験ボランティアは、治験が終わると謝礼金が支払われます が、その額は比較的高額になる事が知られています。

その額の高さと、まだ一般に流通していない新薬のテストを請け 負うという事から、危険なものではないのかという不安を持たれる方もいますが、実際にはそういった事はありません。 謝礼が高いのにはそれ以外のきちんとした理由があるため、安心して応募しましょう。

その理由とは、拘束時間です。治験ボランティアは治験センターというセンターに通いながら行われる事もありますが、 多くの場合は治験センターに宿泊して行われる事になります。そのため、治験ボランティアの方がセンターで過ごす 時間はかなり長いものになります。

治験のメインとなる検査の時間や食事の時間の他に、自由時間の読書やDVDを見ている 時間も、治験センターで過ごしている時間という事には変わりなく、それを考慮しての謝礼金となっているのです。

そのため、治験で行われる検査がとても危険なものであったり、副作用の可能性があるというものではないため、時間の 都合が付きさえすれば応募するのも良いでしょう。治験ボランティアとして参加すると得られる報酬は高額で、1日 あたり2万円から3万円となっています。

また、1週間参加すると15万円程度の金額となり、3週間参加すると50万円ほどの 金額になる事もあります。一般企業で仕事をして頂くお給料よりも高額となる事もあります。

インターネットで検索すると、こうした治験ボランティアの募集サイトが目に付きます。こうしたサイトの中には良い サイトもありますが、中にはこうした治験ボランティアの高額な謝礼金を目当てとした業者もあるため、情報を見極めて から応募するようにしましょう。

また、高額な謝礼金は魅力ではありますが、正確なデータを提供するという治験の 本来の目的は覚えておきましょう。世の中の新薬の開発のために、あなたのデータが必要とされています。

ページの先頭へ