広がる助産師さんの活躍の場

命の誕生に携わる非常に重要な助産師さんのお仕事ですが、就職・転職を考えるにあたってそのニーズが気になります。少子高齢化で出産が減っている状況ですが、近年ではどういった現場で助産師さんが求められているのでしょうか?

助産師さんの活躍の場はお産の現場だけではありません。健やかな妊娠・出産が望めるようアドバイスや指導を行い、健康的で充実した産後・育児ライフを送れるようバックアップする役割もあるのです。お産を終えたとしても更年期などといった女性特有の悩みはつきません。

さらに、医療機関を訪れる様々な不安や悩みを抱えた女性へのケアはもちろんですが助産師さんの活躍は病院に留まらず、例えば学校で児童・生徒の性教育に携わるケースもあります。

また、出産のスタイルも近年変わりつつありますね。自然派にこだわった出産を好んで選択する女性が増加し、それと同時に今まで以上に助産師さんの存在が注目されるようになりました。

このように少子高齢化が叫ばれる現在でも、助産師さんを求める場は様々です。出産の数が減ったとしても、全くなくなってしまうという事は絶対にありません。

今まで通り、お産の場に助産師さんは不可欠な存在であることはもちろん、その活躍の場はさらにジャンルを増やしているのではないでしょうか?

しかし、助産師さんをとりまく近年の環境として〈少子化や産婦人科医不足による産科医院の閉鎖などの原因から、助産師の活躍の場は減少している〉という事実の一方で、〈助産師過程の主要となる大学や大学院の採用枠が不足している事や、離職率の高さなどから助産師さん不足が起こっている〉という奇妙な現象が起こっています。

どうやら、助産師さんの就職・転職事情は“選ばなければ仕事がある”状態であるようです。就職や転職を考えるのであれば、助産師としてのあなた自身の希望と求められている助産師像とを照らし合わせ、折り合いのつくポイントを定める必要がありそうですね。

ページの先頭へ